ベジママ

ベジママを妊娠初期に摂取するメリット

投稿日:

葉酸のメリットについて

メリット
ベジママには、ピニトールのほか、葉酸がたっぷり配合されています。

葉酸はビタミンの1種。サプリなどの成分としてすっかりお馴染みでしょう。

別名はビタミンM。1941年にほうれん草の葉から発見されました。

最近では、その摂取によって様々なメリットがあることが分かり、さらに注目が集まっています。

特に妊婦にとっては積極的に摂取すべき栄養素。妊娠中に葉酸を摂取すると以下のような効果・効能が期待できます——

・赤血球を生成

葉酸はビタミンB12と一緒になることで赤血球を作り出す働きがあります。葉酸が不足すると赤血球が不足し、貧血になってしまいます。

特に妊娠中は貧血におちいりがちなので、葉酸を摂取することはその予防につながります。

・細胞の新生をサポート

葉酸は、DNA、RNAといった細胞新生に必要な核酸を生成する働きを備えています。核酸は遺伝子情報を持っているので、胎児が成長する妊娠中には欠かせない物質です。

・神経管閉鎖障害のリスクを軽減

「神経管閉鎖障害」とは胎児の先天異常で、脳や脊椎の神経管の一部が塞がらなくなる症状のこと。「二分脊椎症」と「無脳症」の2つに分けられ、それぞれ異常のある部位によって呼び名が異なります。

妊娠初期に葉酸を適度に摂取することで、この神経管閉鎖障害の発症リスクが減少することが明らかになっています。

このように様々なメリットがあるため、厚生労働省でも葉酸の摂取を呼びかけています。

ただ、妊娠に気がついてから葉酸を摂り始めるのでは効果が薄れる場合もあるため、できるなら妊娠前からの摂取が望ましいとされています。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」によれば、妊活中の女性や妊娠の可能性がある女性は、1日400μgの合成葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)の摂取が望まれる、とのこと。

葉酸を多く含む食物には色々あります。野菜では、ほうれん草、春菊、ブロッコリー、枝豆、果物では、アボガド、マンゴー、いちごなど。肉類では、牛、豚、鶏の各種レバー。

問題は、いずれも大量に食べることが難しいものばかりだということ。普通の食事だけではどうしても不足しがちになります。

また熱に弱く、水に溶けやすいという性質をもっており、料理をするとどうしても水やお湯に溶け出して、含有量の50%程しか摂取できない、ともいわれています。

そのデメリットを解消するのが、ベジママです。ベジママには厚生労働省推奨の400μgの葉酸が配合されていて、1日に必要な摂取量が簡単に補えます。

さらにピニトール、ルイボス茶抽出物、各種のビタミンがたっぷり入っていて、妊活に効果を発揮。

ベジママに興味を持たれたら、ぜひ公式サイトを訪れて、その詳細をチェックしてみて下さい。

ベジママの安全性について

安全性
ベジママは成分としてピニトールを260mgも配合しています。

もともと工場メーカーのブランドが作っているため、その材料となるアイスプラントも工場栽培。余計な農薬などを使いっていないので、品質に安心感があります。

工場自体もGMP認定済み。GMPとは Good Manufacturing Practice の略で、適正製造規範のこと。材料の管理から製造・出荷まで、一定の安全と品質が保たれることを証明するものです。

品質の高さにもかかわらず、自社工場ということで価格は最低限に抑えられています。長期に渡って摂取するのに相応しいサプリメントといえるでしょう。

ベジママへのみんなの口コミはこちら

-ベジママ

Copyright© 本当に効いた!ベジママの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.