ベジママ

「ベジママ 効果なし」について

更新日:

インスリンの分泌量に改善効果のあるピニトール

成分をチェック
感染症、子宮内膜の血流の悪さ、低い基礎体温など、不妊症となるファクターには様々なものがあります。

その中でも大きな原因とされているのが多嚢胞性卵巣症候群です。

多嚢胞性卵巣症候群とは、男性ホルモンの分泌が過剰となり、卵胞の成長が途中で阻害されてしまう疾患のこと。排卵障害や無排卵となり、不妊症へとつながります。

その原因のひとつとされるのは、血糖値の高さです。

血糖値が高いとなぜ男性ホルモンの分泌が多くなるのでしょうか?

私たちが健康な体を維持していく上で不可欠な物質としてブドウ糖があげられます。

ブドウ糖は単糖類のひとつで、普段の食事ではご飯などの炭水化物が主な供給源となります。体内の消化酵素によって炭水化物が分解されることにより、ブドウ糖となるからです。

そうやって食事から得られたブドウ糖は腸で吸収され、血液の成分となることで全身の細胞に運ばれていきます。

血糖というのは、血液内にあるブドウ糖の濃度のことです。この濃度が高くなると、糖化反応というものを引き起こし、微小血管にダメージを与えます。

その濃度を抑制するのがすい臓から分泌されるインスリンというホルモン。

食事をした後でも血糖値が上昇しないのは、このインスリンのおかげなんです。

ところが肥満などが原因ですい臓の働きが弱まり、インスリンの分泌量が減ってしまうことがあります。

そうすると血糖値が高くなり、それが悪化することで糖尿病という重篤な症状になってしまいます。

また、血糖値が高くなるとホルモンバランスが乱れ、女性の中にある男性ホルモンが過剰に分泌される場合があります。これが多嚢胞性卵巣症候群の原因です。

つまり、多嚢胞性卵巣症候群の治療をするには、インスリンの分泌を正常にする必要があります。

そのことでホルモンバランスが整い、卵胞の成長を促すことができるのです。

ベジママに配合されているピニトールは植物性インスリン陽物質とも呼ばれ、体内に取り込まれるとカイロイノシトールという物質に変化します。

これがインスリンの分泌を促進し、ホルモンバランスを正常化してくれるんです。

このことで卵胞が成長すれば、排卵も正常に起こるようになってきます。

なお、ピニトールはアメリカ食品医薬品局でその効果を認められている物質。水に溶けるものなので、過剰に摂取した場合でもキチンと体外に排出されます。そのため、体に悪影響を与えることはほとんどありません。

しかもベジママに使われているピニトールの原料はアイスプラントという野菜。最近美容界でも注目を浴びているミネラルやビタミンを豊富に含んだ塩生植物で、植物工場で安全管理のもと生産されています。国産ということで安全性に問題はありません。

ベジママとほかの葉酸サプリとの違いとは?

絶妙なバランス
ベジママは葉酸サプリに分類されますが、ほかの葉酸サプリとの違いはなんでしょうか?

それは、妊活に必要とされる栄養のほかに、不妊症につながる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に卓効があるとされるピニトールが入っていることです。

このピニトールは、アイスプラントという野菜に多く含まれる物質。ただ値段が高いため、高級スーパーや自然食品店で売られているだけです。

ところがベジママにはそのアイスプラントを粉末にしたものが入っており、ピニトール摂取が楽にできます。

葉酸とピニトールによるダブル効果で、妊活だけでなく女性の健康維持にも役立つところが、ほかの葉酸サプリと決定的に違うところといえます。

ベジママの口コミ

-ベジママ

Copyright© 本当に効いた!ベジママの口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.