ベジママとは?

栄養素が豊富

ベジママは妊活している女性のためのサプリメント。

ピニトール、葉酸(ビタミンB群)、ルイボス、ビタミンC、ビタミンEなど、妊活をサポートする成分をたっぷり配合。

特にアイスプラントから抽出されたピニトールは多嚢胞性卵巣に効果があるといわれていて、妊娠しにくい女性の体質を徐々に変えていく働きがあります。

その他の成分も栄養素が豊富で、妊娠にふさわしい体調作りをしっかり行ってくれます。

口コミ分析から判明したベジママ葉酸サプリを選ぶ利点

ベジママには、最近注目の天然成分・ピニトールが配合されています。ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果があるとされ、婦人科で診断を受けた人が体質を改善しようと飲み始める場合が多いようです。

PCOSには、痛み・不快感などの自覚症状がありません。不妊治療を開始してから始めて自分がそうだと知った女性もいるのです。病気ではないため、医薬品には頼らず、サプリにしようという方が多いのでしょうか。

厄介なことに、若い女性にPCOSと診断される方が増えています。様々なストレス、あるいはダイエットによってホルモンバランスを悪くした例が多く、赤ちゃんを望んでも授かりにくい体になってしまいます。

ベジママはあくまで食品。薬ではないので、強烈な作用はありません。ただ、緩やかでも効果的な成分を含んでいて、摂取し続けることで「妊娠しやすい身体」にしてゆくわけです。

利用者からすれば、葉酸プラスでこんな成分が含まれたものは有難く、選ばれるのも当然だと言えます。

ベジママと他の葉酸サプリの違いとは?

サラダなどで常食している人は少ない

妊活に必要とされる栄養もさることながら、多嚢胞性卵巣症候群(不妊の原因となります)の改善効果のあるピニトールが配合されている点です。

オーガニック食品店ではアイスプラントという野菜が注目を浴びていて、それにはピニトールが多く含まれています。しかし、それほど流通している野菜ではなく、サラダなどで常食している人は少ないでしょう。

加熱すると壊れやすい物質ですし、水に溶けやすい性質を持ちます。食事だけでは、妊活に必要とされる量を取ることは困難と言わざるを得ません。たとえアイスプラントばかり食べていても、それだけでは他の栄養が不足してしまいます。

これらの事情を考えると、妊活ばかりでなく、女性の内側からの美しさと健康をベジママだけでサポートできるのが、1番の大きな違いと言えます。

ベジママに配合のピニトール 妊活に役立つ栄養素

妊活サプリの多くは余計な人工物は加えられておらず、あくまで「無添加」。その辺は、安心して摂取できると考えられます。

主成分となっている「ピニトール」は、ビタミンB群のひとつ。「ビタミン様物質」と言われるものです。一般に「ビタミン」と呼ばれるものとは違うのですが、栄養素という事は間違いありません。アメリカでは広く知られていて、1992年にはFDA(アメリカ食品医薬品局)に登録されました。ちゃんと有用性が期待できる成分です。

完全に安全が保証された栄養で、乳児用ミルクにも含まれています。「他の葉酸には含まれていないので……」と不安を覚える人もいるようですが、心配はありません。

ベジママの配合成分のピニトール 男性にも効き目が?

女性だけが悩むべきことではありません。

ベジママは、最近注目の「ピニトール」を葉酸サプリとして初めて配合しました。「ベジママ」という名前も、「ベジタブルから取れたピニトール」を使っているところから、つけられたのだそうです。

女性からは効果のある妊活サプリとして支持を受けていますが、妊活にさらなる効果をもたらすには、男性の協力が不可欠です。「どうせなら、妻の飲んでいるものを自分も飲みたい」と考えている旦那さんもいらっしゃるでしょう。

もともと葉酸は男女問わず必要な栄養素。外食などで脂質の多い食事をしがちな男性の方は、進んで葉酸を摂取すべきだと思います。不妊、染色体異常などの問題は女性だけが悩むべきことではありません。男性の方でも、健やかであれば元気な精子を提供できるため、食事には気を遣うべきなのです。

ベジママは、ピニトールとアイスプラント粉末を一緒に配合しています。このことで野菜の栄養も摂取可能。特にピニトールは血糖値や糖尿病の改善に効能のある優れた成分。もちろん、多嚢胞性症候群にも卓効を期待できます。

健康体なら、問題なく血糖値はコントロールできますが、糖尿病にかかると血糖値はコントロール不可となり、血管がちょっとした刺激で傷ついてしまいます。合併症を生じるなどの問題が生じることは当然ですが、血糖値が高い場合は血液の流れが悪く、体全体に必要な栄養がゆき届きません。このことが原因で勃起不全が起きやすくなり、さらに健康な精子が作られなくなるのです。

葉酸はもちろん、ピニトールも男性にとって健康と妊活のために摂るべき栄養素と言えます。妻と一緒に妊活を始めたい旦那さん、マカだけでは効果が上がらない男性にも是非摂取してほしいと思います。

ベジママの全成分

ベジママの全成分は以下のようになっています——

ピニトール、ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、還元麦芽糖水飴、デキストリン、V.E含有植物油、結晶セルロース、マンガン含有酵母、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ステアリン酸Ca、パントテン酸Ca、葉酸

ベジママには副作用は? その安全性は?

安全性は?

ベジママには葉酸が、400マイクログラム配合されています。これで葉酸サプリとしての機能は十分ですが、ビオチンは配合がないため、妊活サプリとして特化されていると言えます。いざ妊娠、という時期には、もう少し成分を増やし、バランスを考えた配合にすべきでしょう。

ピニトールは妊活中に摂るのは効果が上がりますが、妊娠中はあまり摂取しないほうが良い成分です。

「妊活」の場合、飲むのはベジママ。妊娠したら、「ママニック葉酸サプリ」「afc葉酸サプリ」「ベルタ葉酸サプリ(妊活中、妊娠の初中後期など、全期間問題なし)」を摂るのがベストだと思います。

結晶セルロースは、増粘剤の一種。多くのサプリで栄養安定のために使用されていますし、医薬品添加物としてもお馴染みです。

水に溶けにくい食物繊維で、有害物質に吸着して体外に排出する働きがあります。
パルプを鉱酸によって分解、非結晶領域を除いた上で用いられるのですが、安全性は確認されているので問題はありません。

「添加物」と言われるとその言葉の響きのせいで気になる人がいますが、たくさんのサプリで使用されていて、体に害を及ぼす事は別にないでしょう。

副作用に関しても報告はありませんので、その点は安心できます。

ベジママは生理不順にも効き目が?

生理不順は、不妊の原因にもなります。

通常、生理周期は25日から38日程度となっています。

この周期より長い場合、あるいは短い場合も、生理不順と診断されます。

月経期間に関しても、通常でしたら3日から7日程度。

これより長くても短くても、生理不順ということになるのです。

生理不順の場合、排卵が順調ではないため、不妊へとつながります。

ベジママにはビタミンEが含まれていますが、この成分が生理不順を防いでくれます。

生理不順の原因は色々です。しかし、その中でも大きな要因は「ホルモンバランスの乱れ」と言われています。

ビタミンEを摂取するとホルモンバランスが整ってくるため、結果的に生理不順を治すわけです。

もちろん、ベジママだけでは効果は十分ではありません。睡眠、ストレス解消など、生活習慣自体を見直すのも重要です。

ベジママで尿が黄色くなる?

ベジママを摂取すると尿が黄色くなる場合があります。トイレで自分の尿を見て、不安を覚える人もいるようです。

なぜ尿がこんな色になるのかというと、ベジママの成分であるビタミンB群が尿の一部として排泄されているため——。これはベジママだけではなく、ビタミン剤一般に見られる現象です。心配はいりません。

ただ、日本総合健診医学会によると、「健康診断の2日前からサプリなどのビタミン剤はひかえるべき」とのこと。

ですから、もし不妊治療や検診などで尿検査をする予定があるなら、ベジママ摂取をお休みして下さい。

ベジママはどこで買えばいいの?

私は結婚して8年になります。仕事も2年前にやめて主婦業に専念。妊活にも熱心になっているのですが、なかなかうまくいきません。

夫とともに検査を受けても異常はなし。適度な運動をしたり、バランスの取れた食事を摂ったりと努力は続けているもの、今のところ妊娠の兆候は見えず……。

こんな状況で悩んでいた時、ネットで偶然知ったのが妊活サプリメント・ベジママです。

ピニトール、葉酸、ルイボスなど、妊娠にふさわしい体質作りをサポートする成分を配合。口コミでも好評で、ベストセラーになっているようです。

すごく欲しくなったので、さっそく近所の薬局へ行ってみました。サプリの棚を探したものの、有名メーカーのものばかりで肝心のベジママは見つかりません。店員さんに聞くと「うちでは取扱っていません」との返事……。

仕方なく電車に乗って隣駅へ。ここは駅前の一角が大きなアーケードになっていて、様々な店が軒を連ねています。ドラッグストアもマツモトキヨシをはじめ、ツルハ、ココカラファイン、トモズ、サンドラッグといったメジャーなチェーン店がそろっていて、大抵のコスメ、サプリ類が入手可能。それらの店を1軒1軒訪ねてみましたが、やはりベジママはありませんでした。

さらに念のためにロフト、東急ハンズ、ドン・キホーテといった大型バラエティショップにも足を運びましたが、ベジママは手に入りませんでした。

どうやら通販専門の商品のようです。

というわけで、ネットでいくつかの大手通販サイトをチェック。ベジママを扱っているショップはあるのか、扱っているならその値段はどれくらいなのかを調べてみることにしました。

まずは楽天市場。サイト内検索しましたが、出てくるのは「プレママのベジママ宣言」という書籍だけ。肝心のベジママは取扱っていないようです。

続いてAmazon。同じようにサイト内検索をかけると、1件だけヒットしました。値段の方は4,000円(税込)。送料は無料です。ただここは直営ショップではなく、明らかに転売業者なので、品質に信頼性が欠けます。

次にヤフーショッピング。サイト内検索をかけると、なぜかトートバッグがずらりと出てきます。サプリのベジママはないのかと思って見ていくと、1件だけありました。値段の方は4,520円(税込)。送料は無料。残念ながらここも転売業者ですし、値段もAmazonより高くなっています。

念のためにヤフオクとメルカリもチェックしてみました。ヤフオクは3件、メルカリは48件ヒット。値段の方は2,000円から4,000円です。

値段の点からいうとヤフオクかメルカリということになりますが、やはり品質の上で不安。「他にいいところは?」と思ってグーグルでチェックしたところ、公式サイトがあるのに気づきました。

ここで定期コースを申し込めば、通常価格5,940円(税込)のものが、2,970円(税込)で手に入ります。何と50%のディスカウントです(但し初回のみ)。

2回目からも5,054円(税込)となり、やはり通常価格よりお得。

ということで、ベジママは公式サイトから手に入れるのがベストです。

更新日:

Copyright© 本当に効いた!ベジママの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.